極楽ワンオペ育児

旦那置いてきました。

よく話し合うために、立ち止まる。立ち止まるために、行動する。

多分、この話を始めると、回れ右して見ないことにする人がたくさんいると思います。

 

 

沖縄の米軍基地・・・

 

ああ、ちょっと待って。どっち側のご意見の方も、どちらも分からない方も、ちょっと待って。

 

なんか辺野古の基地予定地の海に、突然土砂が投入されたそうなのです。

もちろん、日本政府がそれを進めようとしているわけです。

 

沖縄の方も、全員一致で基地反対ではありません。

つい先日、うちの身内が沖縄に行ったときは、たまたま基地賛成派の方と出会って話を聞かされたらしいですし。

とは言え、少し前にあった沖縄知事選挙は、翁長前知事の後を継ぐ形で、基地新設には反対派のデニー玉城さんが当選し、今は2月に県民投票が控えています。

 

反対の方も賛成の方もいることでしょう。

住民の安全、第二次大戦での大きな犠牲、本土への不信感…

また、基地を前提とした経済、現実的な普天間からの移設案、などなど。

思いや考えはそれぞれあることでしょう。

 

本来なら、政治というのは、様々な人が寄り集まって、話し合って、よくよく考えて決めるべきものです。

選挙という多数決方式で議員や首長が決められるのは、とりあえず全員で話し合いするのが現実的に困難だからなのです。

 

ところが、日本政府は、こうした様々な意見を、ひとまず県民投票で意向を確認することすらなく、「埋めてしまえばこっちのもの」と言わんばかりに、知事の希望する首相との面会すら拒んで土砂を投入してしまったのです。

 

digital.asahi.com

 

この問題、本当にこれでいいんですか?

 

どっち派も、関心なかった方も、ぜひこの動画は見てほしいです。

 

youtu.be

 

少し前から話題になっている「せやろがいおじさん」。

ちょっと口に出すのが難しいな〜という問題に、臆せず突っ込んで一言おっしゃる面白い方です。

また、その切り口がね。誰かを傷つけようとか批判しようというのではないのがとても良いです。

多分、辺野古基地賛成派も反対派も、どちらもこれは見ていただけるんじゃないかな〜。

 

よく考えて、話し合って、物事を決めてほしいです。

 

 

そうしてみると、「今」埋め立て初めてしまうのって、よくないと思うんです。

まだ県民投票も控えているんです。

これからたっぷり話し合う必要があるはずなんです。

 

そのためには、一旦、土砂投入やめてほしいですよね。

この署名は「沖縄県名護市辺野古の新基地建設をめぐり、来年2月24日の県民投票まで工事を停止するようトランプ米大統領に求める電子署名活動」ということなので、

辺野古新基地に賛成派の方だって、一旦立ち止まって話し合う時間を持つために署名してくださってもいいと思うんです。

 

www.okinawatimes.co.jp

 

そして何より、本土46都道府県のみなさま。

この米軍基地の問題、沖縄のことだからと知らないふりしていないでしょうね。

 

〜国がとある都道府県に、他の都道府県が嫌がるような施設を作ろうとする。

なぜか「ここしかない」と決め打ちで、知事の反対すら押し切って工事を始めてしまう。〜

 

日本政府のこの行為を放置したら、そういうことが、他でも起こりかねないんですよ。

放射性物質最終処分場かもしれないし、迎撃ミサイル設備かもしれないし、なんだか分かりませんけど。

 

もしや、首都圏なら大丈夫だと思ってます?

日本という国はかつて、首都東京の住民をむざむざ空襲の犠牲にした過去がありますけど。

 

こちらの署名、簡単なので、ぜひやってみてください。

りゅうちぇるさんやローラさんも呼びかけてるそうです。

Stop the landfill of Henoko / Oura Bay until a referendum can be held in Okinawa | We the People: Your Voice in Our Government

 

あなたには、世界を変える力があるはず。

one-mam.hatenablog.com