極楽ワンオペ育児

旦那置いてきました。

シャンプーは偉大だった

ミニマリストの諸氏の中には、浴室内のシャンプーボトルすら手放したいという方もいるかもしれません。

参考になるかどうか分かりませんが、思いがけず1ヶ月ほど湯シャン生活になってしまった話をします。

 


半年ほど前のある日、シャンプーが切れたため、私は新しいシャンプーを買うことにしました。
私の髪は癖がひどくて痛みやすく、何とも思い通りにならないため、その頃は良さそうなシャンプーを見つけては試し、いまいち期待した効果が得られずまた替えるということを繰り返していました。
ドラッグストアのお手軽路線からボトル数千円の高級路線まで、色々試しましたよ。ただし、いずれも髪質には一切影響を与えていないのでレビューはいたしかねます。
良くも悪くも強すぎるのです、この毛は。

 

あるとき、私は某コスメ口コミサイトでとあるシャンプーを見つけました。
成分に関しては、シャンプー解析サイトを見て確認。

 

お、なかなか良さそうですよ。
早速通販サイトからポチッとな。

 

さて、届いたシャンプーを早速使ってみましたが…うーむ、髪に優しい成分のためか、どうも泡立ちがいまいち。
というか、全くもって泡立ちません。

しかし香りも悪くはないし、洗髪中の髪はやたらすべすべするので、悪いものではなさそう。
とはいえ、あまりスッキリとはいかないので、お湯でしつこく洗い流していました。

 

このシャンプーに変えてから、困ったのが子供の髪。というか、頭皮。
汗かきで汚れやすいので、洗浄力の弱すぎる新しいシャンプーが全く合わない模様。
ベタつきとフケが気になり始めたので、とりあえず石鹸で洗ってトリートメントで保護することにしました。
何とかベタつきとフケは治りましたが、石鹸で洗うときは髪がかなりキシキシします。

 

私の頭皮の方は、お湯でしつこく洗い流すことで何とか汚れは落としていたものの、洗い上がりが微妙。
すごくゴワゴワします。

 

口コミ1位って本当なのか、一体どんな成分使っているのかと、少し腹立たしく思いつつ、ボトルを明るい室内へ持って行き、眼鏡をかけて裏面の表示をよく見ると、

 

 

 

 

 


「トリートメント」の文字。

 

 

orz

 

 

 

私が間違っていました。シャンプーではなくてトリートメントを買っていました。お店で買うときは両方並んでいるからどっちなのか気をつけて見てるのに通販だから間違って買うとか思っていなかった。

というか、気付けよ自分。表面にだってトリートメントって書いてあるよ。もうボトル3分の1くらい使ってるじゃないの。もうちょっと早くに違和感持とうよ。不便さに耐性あり過ぎでしょう。そんなだから旦那に4年も酷使されるんじゃないの。


気付いた時のガックリ感たるや、もう。


しかし、何だかここまで来たらと妙なチャレンジ精神を発揮してしまい、気付いてからももうしばらく、トリートメント購入から通算1ヶ月ほどシャンプーなし生活を送っていました。


ちなみに、以下の理由から今はもうやっていません。

 

  • 汚れが落ちない

最大の理由ですが、お湯とトリートメントでは汚れがあまり落ちません。特に汗をかく子供には、湯シャンは不向きです。

 

  • なんかゴワゴワする

汚れが落ちないからなのか、何なのかよく分かりませんが、どういうわけか髪がゴワゴワします。

 

  • 水の無駄遣いになる

洗髪前に櫛で梳かすという技も使いましたが、限度があります。落ちない皮脂汚れを落とそうと、とにかくお湯を大量に使うことになるので、シャワー時間がすごくかかります。節水を心がける方には全くオススメできません。

 


そんなわけで、勢いで1ヶ月ほどシャンプーを絶った後、例の口コミサイトランキング1位のシャンプーを今度は間違わずに購入。無事シャンプーありの生活に戻りました。

 

久しぶりのシャンプーは、ラマダン明けの食事のように頭皮に満足感を与えてくれました(いや、断食はしたことないけど)。

 

はあ、さっぱり。

 

そうだよね。髪と頭皮を洗うために専門特化した洗剤なんだもの。そりゃ良いに決まってるよね。

 

子供も「新しいシャンプーいいね!」と満足。

(うん、ごめんね。今までトリートメントで洗っていたの黙ってて。)

 

湯シャンが頭皮に良いとか、石鹸で洗っても問題ないとか、色々とレビューしている方もいらっしゃいますが、多分、体質とか髪質とかライフスタイルとか色々と適合した場合の話なんだろうなと思いました。

子供を追いかけて走り回り、冬でも汗をかく生活をしているせいか、または持って生まれたオイリー肌のせいか(少なくとも3代にわたるオイリー体質)、私には合いませんでした。

 

もし今後五分刈り以下のベリーショートにすることがあれば、その時はまた湯シャン生活にチャレンジしたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村