極楽ワンオペ育児

旦那置いてきました。

旦那置いてきました。

どうも、キュア豆大福です(←娘に却下された新しいプリキュアの名前)。

ごめんなさい、嘘、わんおぺまむと申します。

 

結婚5年、子供4歳、共働きの夫婦でした。

収入はトントン。

なのにワンオペ育児。

 

まあ、そこはしょうがないよね、勤務時間も違うし。

 

と、思ってました。

 

妊娠中から徐々に増えてくる、旦那の家事への注文。

次第に手を抜かれる様々なケア。

 

そして、一切やらない片付け。

 

やむなく私が片付けしてたら、物が無くなると全部私のせいにされる。

 

責められるのに神経が持たないので放置してたら、溜まりゆくホコリ。

 

あのねー、これは世間の皆様にもお伝えしておきたい。

ホコリで死ぬ奴はいないとかって、嘘。

私は多分死ぬ。

子供の頃からダニとハウスダストのアレルギーで、

毎月学校休むレベルの虚弱体質だった。

自室を持つようになってからは、できるだけ綺麗に掃除してきたわけです。

 

旦那が片付けないのは結婚前から分かっていたので、

私が片付ければいいか、と思っていたものの、

片付けることすら許されないとか!

ありえないでしょ。

 

とはいえ育児は育夫とかいう話もよく聞くので、

頑張って対話しましたさ。

男は言わなきゃ分かんないとかね、皆おっしゃるし(フザケンナと思うけども)。

 

ダメだわ。

聞く耳持たないわ。

 

おかげで私の体調は、壮絶な出産のダメージもあり、悪化の一途を辿っていた。

 

そんなある時、旦那が地方に数週間の出張になったら、気づいたのですよ。

 

超、楽。

ワンオペ育児なのに、極楽。

家の中、超綺麗。乳幼児がいるのにピカピカ。

料理は私好みのラインナップで、食事の満足感半端ない。

 

同じ職場のママたちは、「今日は旦那が居なくって、ワンオペだから大変」とか言うわけ。

え、それ本当に?

世間的には本当にそうなの?

 

某おむつのCMがワンオペ育児を美化して散々叩かれた。

分かる。何にもやってくれないとかありえない。

でも、その時の世間の声ってどうだったか。

「ワンオペ育児が辛い」であって、

「旦那がいるのが辛い」ではなかった。

 

そうよ、私、ワンオペ育児は辛くない。

旦那がめんどくさいのが辛いのよ。

 

そんなわけで、心の中で、静かに覚悟が決まったのでした。

 

URL http://one-mam.hatenablog.com

RSS http://one-mam.hatenablog.com/feed

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村